FC2ブログ

未分類の記事 (1/2)

認知症サポーター養成講座のお知らせ <4/20(土)開催>

当校におきまして、認知症サポーター養成講座を開催いたします。
認知症サポーターキャラバンロゴ

認知症サポーターとは、認知症の人と家族への応援者です。
認知症を正しく理解し、温かく見守り手助けをする認知症サポーターが増えることで、
認知症の人や家族が孤立することのない社会(=認知症になっても安心して暮らせるまち)を目指す活動です。
認知症サポーター受講者には、認知症を支援する「目印」として、ブレスレット(オレンジリング)を配布します。


認知症サポーターキャラバン(H310420)



認知症サポーターキャラバンについてもっと知りたい、という方はこちらをご覧ください↓
認知症サポーターキャラバンHP(NPO法人地域ケア政策ネットワーク)

<いの町方面にお住まいの方へ> 実務者研修いの町出張講座を開催します<申込締切4/19迄>

高知介護福祉アカデミーは5月7日から、いの町「すこやかセンター伊野」で、
いの町及びその周辺の市町村(高岡郡、吾川郡、土佐市、須崎市等)
に在住・在勤の方を対象とした介護福祉士実務者研修を開催します。


平成28年度から、制度改正により実務経験ルートにより介護福祉士を受験する場合、“介護福祉士実務者研修”を修了することが必須となりました。

介護福祉士試験制度の変更

一方で、その研修の開催場所が人口の多い都市部に集中しており、本当に介護職員が不足している中山間地方で介護職をされている方は、時間をかけて都市部まで通学されているのが現状です。

1371881.jpg




そういった状況に少しでもお役に立てるよう、いの町と共催で、いの町において当該研修を開催する運びとなりました。

いの町で実務者研修を開催するのは今回が初の試みになります。
いの町の全面的な協力のもと、会場・講義で使用する物品(介護ベッド・車椅子等)をご用意いただき、当校は講師を派遣し講義を行います。

初任者授業風景



【概 略】
受講定員:15名(10名以上で開講)
申込締切:平成31年4月19日(金)迄
受講期間:ウェブ学習 平成31年5月7日(火)から開始
通学: 平成31年6月23日(日)~平成31年9月15日(日)(全11日間)


いの町H31日程表

お申込み・お問合わせは。
高知介護福祉アカデミー
TEL:088-855-7502 担当:谷口(事務局)
までご連絡ください。


※高知県実務者研修受講資金貸付事業により、受講費用の貸付を受けることができます。
詳細はこちらをご確認ください。

<がんばれ!>介護福祉士国家試験の筆記試験日までもう目前!

今年度の介護福祉士国家試験 筆記試験日は平成31年1月27日(日)!!
受験される皆さんは、追い込みの時期ですね!!

当校の受験対策講座を受講いただいた方々は、模擬試験の結果がもう届いているのではと思います。
結果を受けて、苦手なところを復習しましょうね!

受験されるみなさんが、本番でベストを尽くせますように…!
陰ながら応援しております(^o^)ノ!!

806108.jpg


【高知で初!】“旅のトータルサポーター養成講座2級”を開催しました!その①

こんにちは、高知介護福祉アカデミーです。

突然ですが皆さん、「旅のトータルサポート」を御存じですか?

介護が必要になって・・・、体が弱って・・・、
それまで好きだった旅行や外出を諦めてしまっている。

でもそれを当り前で仕方ないことだ、で終わらせたくない

そんな熱い思いを持った会社「株式会社あるく」が提供しているサービスが「旅のトータルサポート」です。
1535501230702.jpg


「行きたいとき」に、「行きたいところへ」、介護が必要な方でも安心し外出や旅行ができる
をコンセプトに、
希望に応じて、身近なお出掛けから旅行の相談まで、
生活での外出に関わるすべての支援サービスを行っていらっしゃいます。
(詳細ははこちら→株式会社あるくHP




この、旅のトータルサポートを行うヘルパーを養成する研修=旅のトータルサポーター養成講座2級
を8月に当校でを開催しました。

高知市の介護タクシー きらめきの代表 石黒親憲さんが高知で「旅のトータルサポーター養成研修」を行いたい!
というご相談をいただき、当校の教室や設備をお貸する形で協力をさせていただきました。

1535433010111.jpg


左から順にご紹介しますと、
・株式会社あるく 代表取締役 杉野 三千義様
・介護タクシーきらめき 代表 石黒 親憲様
・高知介護福祉アカデミー 講師 山西 義人
・足人(アシスト)介護タクシー 代表 豊永 豊様
・旅のトータルサポーター協会 理事・講師 湯浅 美佐子様
です。

皆様、研修にご協力・ご参加いただきありがとうございました!

楽しく・とても勉強になった研修の内容は、
【高知で初!】“旅のトータルサポーター養成講座2級”を開催しました!その②
に続きます!

【高知で初!】“旅のトータルサポーター養成講座”を開催しました!その②

高知で初の、旅のトータルサポーター養成研修講座2級を開催したときの、
研修内容についてお伝えしたいと思います!

旅のトータルサポーターについては、
前回の【高知で初!】“旅のトータルサポーター養成講座”を開催しました!その①
をご覧ください。



まずは座学。
介護の基本的な知識や緊急時の対応等を学びます。
((当校講師、山西と西も参加させていただきました。))
1535440936573-2.jpg
講師の湯浅先生は、気さくで明るい素敵な方でした♪


次に車椅子での演習です!
旅のトータルサポートでは、車椅子利用のお客様が多くいらっしゃるため、
車椅子での移動支援の講義が充実しています。
1535432941895-2.jpg


実際に外出し練習!
1535432953823-2.jpg


この講座の一番の特徴は、“環境が整っていない場所での介助”を学ぶという点です。
近年、車椅子の方でも通りやすいようにバリアフリー化が進んでいますが、それでもまだまだ不十分。
宿泊するホテルや利用する公共交通、施設が全てバリアフリーになっている訳ではありません。
環境が整っていない中でどのように安全に介助するのか、介護職員の腕の見せ所です!

階段にも挑む!
1535432829857-2.jpg


敢えて段差へ・・・
1535432958695.jpg
1535432962004.jpg
挑む!
1535432969142.jpg

写真に取り忘れましたが、もちろん車椅子だけでなく、
歩行の介助、視覚障害者の移動支援等も講義内容に含まれています(^^)





ここまで介助の練習風景ばかりをご紹介していますが、
旅のトータルポーターの目標は、「外出や旅行に同行してお手伝いする」ではなく、
お客様の『楽しい旅を演出する』」です!!!
講義が進むと、実際にお客様を想定して、自ら旅行計画の立案を行い、いかに喜んでいただくかを考え実践します。


今回の研修で立案した旅行計画は・・・高知の有名なあの観光地!!!
ここ!!!
か つ ら は ま!!!!
1535433001139.jpg
今回は桂浜へ日帰り旅行に行く想定で計画を考えました。

計画を立てる上で考えなければならないことがたくさんあります。
例えば・・・
①お客様はどのような身体状況?
②帰宅時間は?交通機関は?食事は?
③目的地までの所要時間は?
(インターネット等で検索することができますが特に介助しながらの所要時間は通常より
時間がかかることを考慮しなければなりません)
④目的地のバリアフリー情報を入手
(バリアフリーと謳っていても、傾斜角度が急だったり改装工事中の場合があります)

様々なことを考慮しつつ、観光のルートや行程を決めていきました。


そしていざ!現地へ!!
こんな素敵な景色のもと、講座が受けられるのも楽しいですね!
1535440855333.jpg


入念に下調べをしたつもりでも、現地で初めて分かることもたくさんあります。
例えばスロープ。
1535440904457.jpg
ゆるやかな傾斜角度で車椅子に考慮されていますが、距離が長い上り坂のため、
車椅子に乗っている方の体重が介助者より重いと、かなり体力が必要になりました。
車椅子で階段を下りるより、このスロープのほうがしんどかったという声も(^^;)

誤解を招かないように言っておきますが、桂浜はバリアフリー化が進んでいて、車椅子にも優しい観光地です!
車椅子に乗っている方と介助者の体重差があまり無い場合は、そこまで大変ではなかったと思います。



1535432996189.jpg



実際に桂浜で外出支援を行い印象的だったのが、周りの方々が気を使ってドアを開けてくれたり、優しく接してくれたことです。
(実は練習なんです・・・と言いだしにくく、申し訳ない気持ちでした。)

「外出支援は支援者のみが行うのではなく、社会で支援することが重要である」
という考え方を、湯浅先生が教えてくれました。

『外出先のお店のスタッフやや公共交通機関のスタッフが少しの支援をすることができたら、

もっと外出がしやすくなる。

行き交う人が少しでも支援することができたら、

もっと外出が気軽にできるようになる。

社会で外出が支援できるようになれば、

もっと外出が楽しくなる・・・

そんな社会が、誰もが住みやすい街であると考える。』


~旅のトータルサポーター養成講座テキストからの引用~


演習の際に、温かい支援をしていただいた皆様に、この場を借りてお礼を申し上げます!




当校で講義を行っている講師も旅のトータルサポーター研修を受講しましたが、
旅先での介助や、楽しい旅を演出する、など日頃の介護現場とはまた違った視点を学ぶことができ
とても勉強になりました!

介護が必要になっても、旅行や外出を気軽に楽しめる社会がこれからどんどん広がるといいですね!



旅のトータルサポーター養成講座に興味のある方は、
当校もしくは
一般社団法人 旅のトータルサポーター協会
にお問合わせください♪


旅のトータルサポートを利用してみたい!という方は、
株式会社あるく
にお問合わせください♪