FC2ブログ

2018年05月の記事 (1/3)

【今後需要が高まる!】喀痰吸引等研修って何?

喀痰吸引等研修という研修があることを御存じですか?
この研修は主に介護施設に勤務する介護職員を対象としたもので、喀痰吸引や経管栄養といった“医療的ケア”の勉強をします。

医療的ケアは原則として「医行為」とされ、医療の資格をもたない介護福祉士や介護職員等がこれらを行うことは法的に禁じられています。
しかしこの研修を修了すると介護職員でも一定の条件のもとに“医療的ケア”が行えるようになります。


喀痰吸引等研修の図


この喀痰吸引等研修は、今後需要が高まっていく資格と考えられます。
上図のように、高齢化等により喀痰吸引や経管栄養(医療的ケア)を必要とする人が年々増加するのに対して、それを行える医師・看護師が慢性的に不足しているからです。


喀痰吸引等研修を修了するには、まず研修を実施しているスクール等に申し込みをし、「基本研修」を受講します。その後、従事している介護事業所で指導者講習会を修了した看護師の指示及び利用者様の協力のもと「実地研修」を実施し、既定の演習を行います。
「基本研修」と「実地研修」を修了すると“喀痰吸引等研修”の修了証が発行されます。

喀痰吸引受講の研修課程

つまり喀痰吸引等研修を受講するには、従事している事業所の全面的な協力と、指導する看護師に指導者講習会を受講してもらうこと、そして利用者様のご理解・ご協力を得るということが必要不可欠です。事業所からの推薦による受講申し込みという扱いになるため、受講にあたり必要な書類のほとんどは事業所でご記入いただくようになります。



●介護事業所を運営している方
医行為を行う看護師が不足している、または今後不足することが予想される場合は、「喀痰吸引等研修」を介護職員に受講してもらうことで、そのリスクを回避することができます。


●介護事業所に勤めていいる方で喀痰吸引等研修を受講したい方:上司や事業所の運営者に介護職員が医療的ケアを行う※メリットを伝え、協力を得られないか提案をしてみてはいかがでしょう。
※看護師の指示の下実施する、等の一定の条件が必要となります



当校では、高知県西部地区及び中部地区で、喀痰吸引等研修を行っております。
興味のある方はお気軽に資料をご請求ください。
資料請求はこちら